20代の男が読んでいる本 一流に学ぶ

【レビュー】渋谷ではたらく社長の告白

投稿日:

お店をやっているとどうしても目の前の業務ばかりに時間を使ってしまいます。

なので、

店舗が休みの水曜日は、なるべく普段の業務をせずに読書や物思いに吹ける時間をとるようにしています。

読書は続けていたのですが、レビューまでかけていなかったのでできる範囲で再開していきます。

一発目は、サイバーエージェントの藤田さんの本。

いくつか気になったところを残しておきます。

理想に実態を近づける力

読んでいて真っ先に感じたことが、

藤田さんの、理想に実態を近づける力。

言い換えれば、

現状では難しいと思われることに挑戦して、必死になって乗り越える力。

それを表すエピソードが、最初のオフィスを決めた話。

家賃の予算は20万円と決めていたそうですが、
紹介された他の物件が大変気に入り、だれにも相談せずに決定。

家賃なんと40万円。

月40万だとするとオフィス使用の敷金、礼金、必要なオフィス家具を揃えると500万がいきなり消えることになります。
会社設立時の資本金は1000万円。資本金の半分がいっきになくなります。 恐ろしい・・・

藤田さんは、当時こんなことをかんがえていたそうです。

実力以上の立派なオフィスを借りていたほうがみんなその気になるかもしれないし・・
綺麗なオフィスでいい人材が採用できれば、そのほうが近道だし・・・
オフィスに会社の実態を近づけていけばいいんだ

他にも、

サイバークリック事業のシステムが完成する前から、受注をとってきてしまい納期までに完成させた話にも、
実力以上のことに挑戦し、乗り越えてきたことを感じました。

すごい人たちは、挑戦して必死になって限界突破してきたのでしょうね

 

 

緊急ではないが重要なこと

2つめに印象に残ったことが、

緊急ではないが、重要なことに時間を使ってきたということ。

それは表すエピソードが、「毎日事業プランコンテスト」。

これは、

インターネットでの事業プランをかんがえて、みんなの前でプレゼンテーションするというもの。

大きく成長させるための種となる事業を必要だとかんがえていた私は、他の仕事が忙しくて用意してなかった人には厳しく叱りました。

これは大事な仕事なんだ。手を抜くな。

 

 

緊急ではないが大切なことという考え方は、7つの習慣で知りました。

この種類のことは、種まきの要素が大きいです。

つまり、

いまやらなくても困らないが、長期的にはやっておいたほうがいいもの。

目の前の業務ばかり(=緊急かつ重要なこと)になりがちですが、藤田さんの言動から種まきの時間も徹底して取っていた様子が伺えます。

忙しいを理由にしてはいけないなあ。

反省です。

採用力は競争力である

最近、

チーム作りのことを考えることが多いのでひっかかったトピック。

藤田さんはインテリジェンス時代に、採用力は競争力であると学ばれたそうです。

自分がインテリジェンスに入社した時、この会社が急成長を遂げているのが不思議でした。
当時伸びていた人材派遣業のサービス内容は、他者との差別化が一切なかったからです。

(中略)

違いはたったひとつでした。

インテリジェンスは採用に非常に力を入れているので、同業者と比べて明らかに優秀な社員が入社し、

その社員が非常に高い士気で頑張っているのです。

つまりビジネスモデルではなく、採用や社員の士気の高さが競争力になっていることにその時気が付いたのです。

こちらの本でも、チーム作りの大切さが書かれていました。

やはり一人だとすべてをやらないといけないので、進みが遅くなることを痛感する毎日です。

にしても、

誰かを雇えるまでの仕組みが整ってないし、軽くパパッと決めたくもありません。

いずれにせよ、ひとを受け入れる体制を早急に作らないといけませんね。

その意味では、このブログが少しは役にたつかもしれません。

藤田さんも、創業した日から社長の日記というブログを書いていたそうです。
そのブログ経緯で、働きたいといってきた人がいらっしゃったとのこと。

藤田さんのようにかっこよく、規模の大きいことはかけませんが、

地方で起業する27才のリアルは伝えられると思います。

 

 

本書をおすすめしたいのは、創業の山あり谷ありを体感したい人ですね。

ストーリー仕立てになっているので、すらすらと読めてしまいました。

ぜひチェックしてみてください。

アドセンス レグタングル大

お知らせ

お知らせ

 

イベントに登壇いたします

7月25日(水)は、

こちらのイベント「ローカルベンチャー会議@東京」のトークゲストとして登壇させていただきます。ありがとうございます!

9月から始まる講座のスタートアップイベントです。

もしもご興味ありましたら、東京であっぷあっぷしている姿を、冷やかしにきていただけたらすごく嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時 ■ 平成30年7月25日(水)
時間 ■ 20:00~21:30
会場 ■ SENQ京橋
( 東京都中央区 京橋2-2-1 京橋エドグラン3F サウス棟)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※無料です

〜各講座の講師の方々〜

(茨城でこんな方々に直接ご指導いただけるなて・・・)

講師:齋藤 潤一 (Junichi Saito)さん(NPO法人まちづくりGIFT 代表)
ガイド:高橋 慶彦 (Yoshihiko Takahashi)さん(NPO法人まちづくりGIFT )
講師:税所 篤快さん
(特例認定NPO法人 e-Education創業者)
講師:林 篤志さん(Next Commons Lab代表)
講師:指出 一正 (Kazumasa Sashide)さん(月刊ソトコト編集長)

ご都合があう方は、ぜひ会場でお会いできましたら嬉しいです。

詳細・お申し込みはイベントページへ

イベントページへ飛ぶ→こちら

 

おすすめ記事

1

地元に帰ってきて最初のビックイベントが終わりました。 こちらのコンペティションに参加して、優秀賞(次点)をいただくことができました。 ひとまず一つ駒をすすめることができましたが、 審査員に指摘していた ...

2

あそこは地獄だ。思い出したくもない。 扉が二枚重ねで、すべてに鍵がかかっていた。 悪いこともしていないのに、 なんで自分だけこんな刑務所のような場所にいるんだろう。   本を読んでいると、 ...

3

先日、スターバックスリザーブさんが開催されていたコーヒーセミナーに参加してきました。 そのセミナーの見所と、参加してみての感想をレポートしたいと思います。   「気になってはいたんだけど、い ...

4

先日、 日立市に帰ってきて初めてのコーヒー教室を開催しました。 「会社の看板」ではなく、「自分の看板」を使った初めての開催。   自分には無理だと考えていましたが、 ある考え方ができるように ...

5

野生(!?)のクジャクがいました 犬ではなく、ヤギが飼われてました 信号がありませんでした。 コンビニは、もちろんありませんでした。   ですが、 超個性的な方々にお会いすることできました。 ...

6

ふと、思い出したことがありました。   3年前の2014年。 まだ僕が大学4回生で、内定者時代だった時の話です。   当時、 僕は内定先の研修と課題で、京都と東京をいったりきたりし ...

-20代の男が読んでいる本, 一流に学ぶ
-, ,

Copyright© ノリ 開業日誌 , 2018 AllRights Reserved.