20代Uターン起業のリアル

価格の決め方で悩んで、しんどい思いをした話

投稿日:2018年7月5日 更新日:

商品・サービスに価格をつける

プライシングと呼ばれますが、多くの人が悩むシーンだと聞いております。

僕も、このプライシングにはかなり悩まされました。

皆さんは、どのように価格を決めているでしょうか。

 

価格を決めるのは、難しい

起業をすると、

自分の商品・サービスに価格をつける必要がでてきます。

また、

価格だけではなく、お取引の条件やお支払いいただく方法なども決めていかなければいけません。

文字にすると簡単そうに見えますが、僕にはすごく難しいことでした。

 

例えば、

安かったら、お客さんは喜んでくれるけど、自分が大変になります。

逆に、

高かったら、自分は楽になるけど当然ながらお客さんは嫌がります。

 

品質の良いものをできるだけ安い価格で購入できることは、

どんなサービスでも基準になりますよね。

 

起業したて数ヶ月間、

値決めで悩んだ末にたどり着いた結論があり、今では以前よりも悩まなくなりました。

考える4つの枠組み

(これが正解なのかはわかりませんが、)

現在は、4つの枠組みに当てはめて考えるようにしています。

つまり、

  1. お客さんとの関係
  2. 利益
  3. 継続性
  4. 広がり方

です。

お客さんとの関係とは、

自分が決めた価格で、お客さんが納得して購入されるのか

ということです。

あたりまえですが、市場で出回っている同じような商品とのバランスとお客さんの反応を考えて決定していくことが大切なのだと感じています。

 

2つめは利益。

つまり、決めた価格で適正な利益がでるのかとうことです。

いくらお客さんに喜んでいただいても、利益がでなければ再投資をしてサービスを高めていくことは難しくなります。

 

3つめは、継続性。

2番目と似ているのですが、

その利益で、継続して提供していく能力や時間はありますか?

ということです。

利益と同じくらい、サービスを用意する時間も大切です。

極端な例ですが、利益が10000円のコーヒー豆を販売したとしても、その製造に1ヶ月つきっきりになるとしたら時給いくらになるでしょうか・・・笑

 

最後は、広がり方です。

つまり、

商品やサービスがお客さんに渡った時に、他のお客さんに紹介したくなるような価格か

ということです。

もちろん、だれかに紹介したくなる理由として価格以外の要素もあります。

満足感という言葉を使ったら、ぼやっとしてしまいますが、

満足感を感じていただくためには、得をしたと感じていただくことが一つの要因になると思います。

 

方針やルールを言葉にしておくと悩まない?

起業すると自分で決める場面がたくさんあります。

決めることは、悩みますし、勇気のいることですよね。

ただ、悩まないために

  • やりたくないこと
  • どこまで値引きするか

このような方針、ルールを言葉にしておくといいのかなと最近感じ、事業計画書に書き加えました。

起業する前から、

なんとなく頭では考えていましたが、実際に遭遇すると悩みました。

起業してから方針を言葉にするのではなく、

起業する前から、や

りたくないこと、価格の決め方、値引きの仕方などをまとめておくといいのかもしれません。

編集後記

なんだか全国で天気が荒れるみたいですね。
関西では、大雨注意報がでているとか・・
災害が起きないことを祈るばかりです。
本日も読んでいただきありがとうございます。

アドセンス レグタングル大

お知らせ

お知らせ

 

イベントに登壇いたします

7月25日(水)は、

こちらのイベント「ローカルベンチャー会議@東京」のトークゲストとして登壇させていただきます。ありがとうございます!

9月から始まる講座のスタートアップイベントです。

もしもご興味ありましたら、東京であっぷあっぷしている姿を、冷やかしにきていただけたらすごく嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時 ■ 平成30年7月25日(水)
時間 ■ 20:00~21:30
会場 ■ SENQ京橋
( 東京都中央区 京橋2-2-1 京橋エドグラン3F サウス棟)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※無料です

〜各講座の講師の方々〜

(茨城でこんな方々に直接ご指導いただけるなて・・・)

講師:齋藤 潤一 (Junichi Saito)さん(NPO法人まちづくりGIFT 代表)
ガイド:高橋 慶彦 (Yoshihiko Takahashi)さん(NPO法人まちづくりGIFT )
講師:税所 篤快さん
(特例認定NPO法人 e-Education創業者)
講師:林 篤志さん(Next Commons Lab代表)
講師:指出 一正 (Kazumasa Sashide)さん(月刊ソトコト編集長)

ご都合があう方は、ぜひ会場でお会いできましたら嬉しいです。

詳細・お申し込みはイベントページへ

イベントページへ飛ぶ→こちら

 

おすすめ記事

1

地元に帰ってきて最初のビックイベントが終わりました。 こちらのコンペティションに参加して、優秀賞(次点)をいただくことができました。 ひとまず一つ駒をすすめることができましたが、 審査員に指摘していた ...

2

あそこは地獄だ。思い出したくもない。 扉が二枚重ねで、すべてに鍵がかかっていた。 悪いこともしていないのに、 なんで自分だけこんな刑務所のような場所にいるんだろう。   本を読んでいると、 ...

3

先日、スターバックスリザーブさんが開催されていたコーヒーセミナーに参加してきました。 そのセミナーの見所と、参加してみての感想をレポートしたいと思います。   「気になってはいたんだけど、い ...

4

先日、 日立市に帰ってきて初めてのコーヒー教室を開催しました。 「会社の看板」ではなく、「自分の看板」を使った初めての開催。   自分には無理だと考えていましたが、 ある考え方ができるように ...

5

野生(!?)のクジャクがいました 犬ではなく、ヤギが飼われてました 信号がありませんでした。 コンビニは、もちろんありませんでした。   ですが、 超個性的な方々にお会いすることできました。 ...

6

ふと、思い出したことがありました。   3年前の2014年。 まだ僕が大学4回生で、内定者時代だった時の話です。   当時、 僕は内定先の研修と課題で、京都と東京をいったりきたりし ...

-20代Uターン起業のリアル
-, ,

Copyright© ノリ 開業日誌 , 2018 AllRights Reserved.