20代の男が読んでいる本 一流に学ぶ

【7つの習慣と禅の教えの共通点】禅の友 家族、怒らない #64

投稿日:2015年8月14日 更新日:

みなさんこんばんは。今日もコーヒーライフを楽しんだノリです。 :p

京都での大学時代に、初めて座禅に参加しました。 なんとなくお寺や神社の雰囲気が好きやったんです。最初にいったのは、建仁寺でした。

社会人になり、ここ愛知県に移ってからも7月から毎週日曜日、朝の6時から座禅にいってます。

そこでは毎月、禅の教えをまとめた小さな冊子がいただけるのですが、
今日はその一節より、気に入ったところをご紹介いたいと思います。

家庭内で怒らなくなるためのお話

Photo:家族写真 By:noriqnub
Photo:家族写真 By noriqnub

【ポイント】


1. 怒りの原因


人はどんなことで怒りが生まれるのでしょうか?

▼思い通り、期待通りになってくれなかった

▼守るもの、大切なものを傷つけられた

▼したいことを制約された

▼愛されてないと感じた

▼相手の考え、行動が理解不能

▼許容範囲を超えた

2. 怒りの本当の原因


◆つい腹を立てて怒ってしまったことも、相手のせいにしたくなるものですが、
怒りの本当の原因は、「相手に自分のルールを押しつけているから」なのです。

◆ウチの子(親)だったら、夫(妻)だったら「こうあるべき」「してくれて当然」という期待や欲求をもってしまうものではないでしょうか?

◆過剰な欲求や期待があるゆえに、現実が理想通りでないと、怒りになってしまうのです。


3. 怒りをなくすために


◆怒りをなくすためには、怒りそのものをなくすのではなく、知らずのウチに押しつけていた「自分ルール」をなくすことの方が、より効果的であるということなのです。

◆自分の独自のルールである「マイルール」の押しつけをなくせば、事実をその通りに受け取ることが可能で、怒りそのものが生じなくなるのです。

◆家族というものは、私たちにとって一番身近な存在だからこと、「分かってくれて当然」という甘えもあります。
ただ、そんな間柄でも、自分の束縛やマイルールから相手を自由にさせてあげることができ、初めて、家族が互いの尊厳を認め合った本当の家族になるのではないでしょうか?


和尚さん、いつも良い教えをありがとうございます。
─────────────────────────────
【考えたこと】

7つの習慣のインサイドアウトと禅の教えの共通点

皆さんは、こちらの絵をみたことがあるでしょうか?
おそらく女性の顔が見えると思います。

では、その女性はいくつくらいで、どのような感じの人で、どういう生活を送っているように見えるでしょうか?
ちょっと考えてみてください。

ダウンロード

いかがでしょうか。
顔の小さな、若い女性に見えていらっしゃるでしょうか?

いやいや、そんなことはない。
今にも死んでしまいそうな鼻の大きな老婆に見えた方もいらっしゃると思います。

実はこれ、7つの習慣で登場する演習です。
これでわかることは、人はそれぞれ自分独自の考え方や価値観・ものの見方をもっているということです。

そりゃ当たり前ですよね。 でも、その影響力について考えたことがあるでしょうか?

著者のコヴィーさん曰く、人は物事をあるがままに、つまり客観的に見ていると思い込んでいることが常であるそう。

本当にそうでしょうか? 本当に事実を客観的に見えているでしょうか?

””私たちは””世界をあるがままに見ているのではなく、””私たちの””あるがままに世界をみているのです。

つまり、私たちは物事を「こうあるべきだ!」とか「こうだ!」と無意識に思い込んでいて、
それが、私たちの行動や態度、考え方そのものに深い影響を与えているのです。

もちろん人間関係も同じです。

例えば、

▼上司はこうあるべきだ。

▼部下はこうあるべきだ。

▼彼女はこうあるべきだ。

▼母親はこうあるべきだ。

▼初対面の人はこうあるべきだ。  とかとか

物事を説明しようとするとき、それは結果的に自分自身、自分の価値観、自分の経験を説明しているに過ぎません。
そして、自分の意見に相手が賛成しないとなれば、すぐにその人が間違っていると思ってしまいます。

つまり、禅の教えでいうマイルールを無意識に押しつけて怒りが生まれてしまうという論理です。

ではどうすればいいのか。
どうすれば、いちいち小さな価値観の違いに一喜一憂しなくて済むのか

それは、自分の価値観や考え方とそこからもたらされる影響を意識することです。
そうすればするほど、自分自身の考え方や価値観に責任がとれるようになります。

相手に対して、すこしむかついた時、ちょっと立ち止まって、なぜむかついたのか考えてみてください。

▼自分の、○○は△△であるべきだ!!ていう考えかたを、相手に押しつけてはないでしょうか?

▼相手はどう思っているのでしょうか?

▼自分の考えかたは相手にちゃんと伝わっているのでしょうか?

こんな風に、立ち止まって自分の考え方を、現実とすりあわせ、他の人の意見や考えかたに耳を傾けることで、より客観的で安定されたものの見方ができるようになるといいます。

頭ではわかっているけど、なかなかできないものですよね。
でも、自分の価値観を棚卸ししてみると、自分がどんな人間か、どんな理想をもっている人間なのかがなんとなくでもわかるので、腹をたてることも少なくなった気はしています。

是非、みなさんも7つの習慣読んでみてください。

【関連記事】

◆【本を速く、深く、大量に読む】読めば読むほど頭が良くなる読書術

◆【知っているということこそが武器になると思う】金持ち父さん投資ガイド 上級編

この記事のカテゴリー「つらつらと本を読んでます」へ

この記事のカテゴリー:「勉強法」へ

トップへ

今日も貴重な時間を使ってお読みいただきありがとうございました。
それでは、みなさん明日も良いコーヒーライフを  :)

アドセンス レグタングル大

お知らせ

お知らせ

 

イベントに登壇いたします

7月25日(水)は、

こちらのイベント「ローカルベンチャー会議@東京」のトークゲストとして登壇させていただきます。ありがとうございます!

9月から始まる講座のスタートアップイベントです。

もしもご興味ありましたら、東京であっぷあっぷしている姿を、冷やかしにきていただけたらすごく嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時 ■ 平成30年7月25日(水)
時間 ■ 20:00~21:30
会場 ■ SENQ京橋
( 東京都中央区 京橋2-2-1 京橋エドグラン3F サウス棟)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※無料です

〜各講座の講師の方々〜

(茨城でこんな方々に直接ご指導いただけるなて・・・)

講師:齋藤 潤一 (Junichi Saito)さん(NPO法人まちづくりGIFT 代表)
ガイド:高橋 慶彦 (Yoshihiko Takahashi)さん(NPO法人まちづくりGIFT )
講師:税所 篤快さん
(特例認定NPO法人 e-Education創業者)
講師:林 篤志さん(Next Commons Lab代表)
講師:指出 一正 (Kazumasa Sashide)さん(月刊ソトコト編集長)

ご都合があう方は、ぜひ会場でお会いできましたら嬉しいです。

詳細・お申し込みはイベントページへ

イベントページへ飛ぶ→こちら

 

おすすめ記事

1

地元に帰ってきて最初のビックイベントが終わりました。 こちらのコンペティションに参加して、優秀賞(次点)をいただくことができました。 ひとまず一つ駒をすすめることができましたが、 審査員に指摘していた ...

2

あそこは地獄だ。思い出したくもない。 扉が二枚重ねで、すべてに鍵がかかっていた。 悪いこともしていないのに、 なんで自分だけこんな刑務所のような場所にいるんだろう。   本を読んでいると、 ...

3

先日、スターバックスリザーブさんが開催されていたコーヒーセミナーに参加してきました。 そのセミナーの見所と、参加してみての感想をレポートしたいと思います。   「気になってはいたんだけど、い ...

4

先日、 日立市に帰ってきて初めてのコーヒー教室を開催しました。 「会社の看板」ではなく、「自分の看板」を使った初めての開催。   自分には無理だと考えていましたが、 ある考え方ができるように ...

5

野生(!?)のクジャクがいました 犬ではなく、ヤギが飼われてました 信号がありませんでした。 コンビニは、もちろんありませんでした。   ですが、 超個性的な方々にお会いすることできました。 ...

6

ふと、思い出したことがありました。   3年前の2014年。 まだ僕が大学4回生で、内定者時代だった時の話です。   当時、 僕は内定先の研修と課題で、京都と東京をいったりきたりし ...

-20代の男が読んでいる本, 一流に学ぶ

Copyright© ノリ 開業日誌 , 2018 AllRights Reserved.