弟子入りでの気づき 開業に向けて

【8/10~8/16 整理整頓】分かりやすいものだけではなく、目に見えないものも#65

投稿日:

皆さん、こんばんは。

今週もコーヒーライフを楽しんだノリです :)

本日は整理整頓日なので、TAKPSTやってきますー

ダウンロード (1)


①Time Control (5日間)

可処分時間   85.5h           95% (18h×5=90h)
Precious        8h           9%  (8/85.5×100)
Urgent       52.75h          62%  (52.75/85.5×100)
Life      16.75h          20%     (15.75/85.5×100)
Worthless      8h            9%     (8/85.5×100)


② Achievement

全勝
可処分時間95%達成 → Gold

ゴールドを獲れると、やっぱり気持ちがいいです 笑 images


【考えたこと】

分かりやすいものだけではなく、目に見えないものも

今週一番の成果といえば、焙煎によるコーヒーの味が安定してきたことです。

いったい頭を悩ませていた壁はなんだったのか、ちょっと振り返ってみたいと思います。

ダウンロード (2)

◆コーヒーの焙煎において、豆を焙煎機から取り出すタイミングはかなり重要です。
焙煎の途中、火力や排気は調節できますが、釜から出すタイミングは一度だけだからです。

先週あたりまで、いつもいつも迷いながら、釜から豆をだしていました。
自分が釜出しをするタイミングに、自信がもてずにいてたんですね。

 

◆ですが最近は、その煎り止めのタイミングを以前ほど迷わなくなりました。
(もちろん日によって味はぶれますが)

その理由は、一つの要素だけで判断せず、いろいろな要素でタイミングを判断するようになったからです。

 

◆焙煎を担当し始めた当初は、焙煎機が示す分かりやすい指標に頼っていました。

例えば、煎り止め温度や1ハゼからの経過時間などです。
正直いうと、ほぼ豆の状態はみていませんでした。

もちろん上手く煎り上がる時はありました。師匠のプロファイル通りですから当然ですよね。

ただ、かなーり浅煎りになってしまうこともあれば、逆にかなーり深煎りになってしまうこともありました。

「プロファイル通りの温度で釜だししてるんやけどな。。」

「プロファイル通りの時間で釜出ししてるんやけどな。。。」

コーヒー豆ってほんとデリケートです 笑
いつも通り焙煎していても、
なんだか温度の上昇率がいつもと違ってきたり
ハゼる温度が低かったり

少しいつもと違う焙煎になりそうなときも、
温度だけ!
やったり
時間だけ!に頼って釜だしをしてたんですよね。
そりゃ〜わかりやすい指標ですから、安心ですよね。でも、味はぶれぶれです。迷いまくりです。

◆ですが、悩んだおかげで、一つのわかりやすい指標だけに頼っていた自分に気がつくことができ、
わかりにくい感覚的なものも基準にできるように練習し始めました。

例えば、豆の色、匂い、音などです。

それ加えて、元々基準であった、
煎り止めの目安の温度や、
ハゼからの時間を加えて、
5つくらいの要素をもって煎り止めを判断できるようトレーニングした結果、
割と釜だしのタイミングを迷わなくなりました。
(もちろん)まだまだまだ改善の余地はありますが。

論文を書く際に、一つの仮説を立証するデーターの数と種類がどんどん集まってくる感覚でしょうか。
(とてもわかりにくい例えですが)

 

◆どこかのお店で修行をしている際、
確かに、お客様に商品としてお出しするものだからこそ、失敗できないという不安は常にあります。さらに人様のお店だから、なおさらプレッシャーです。

しかしながら、いつまでもわかりやすい指標だけに頼っていては、プロファイル通りにしか焙煎できませんよね。

焙煎機によっても示す温度は違いますし、ハゼるタイミングも違います。

その不安を突破して、煎り止めの瞬間の豆を見て、自分の感覚に委ねてみる。

そんなことを繰り返していくうちに、どんな焙煎機でも対応できるようになれるんやろな。

分かりやすい基準だけではなく、目に見えないものも感じ取れるようにならないといけないですね。

ちょっと、長くなってしまいました。


【関連記事】

◆まいひすとりー

◆【8/3~8/9 整理整頓】真似て学んで考えて真似て #62

◆【リトリートレポート】焙煎素人がSCAJリトリート合宿に参加する3つのメリット #52

 

【編集後記】

気がつくと、八月ももう半分が過ぎてるんですね
もう、一年も折り返し。。。
時間が経つのが早すぎてびびります。

そういえば、マイスター合格してました。よかったよかった。

本日も貴重な時間を使ってお読み頂きありがとうございます。

それでは、皆さん来週も素敵なコーヒーライフをっ!!

ノリ :p

この記事のカテゴリー:「日々log」へ

トップへ

アドセンス レグタングル大

お知らせ

お知らせ

 

イベントに登壇いたします

7月25日(水)は、

こちらのイベント「ローカルベンチャー会議@東京」のトークゲストとして登壇させていただきます。ありがとうございます!

9月から始まる講座のスタートアップイベントです。

もしもご興味ありましたら、東京であっぷあっぷしている姿を、冷やかしにきていただけたらすごく嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時 ■ 平成30年7月25日(水)
時間 ■ 20:00~21:30
会場 ■ SENQ京橋
( 東京都中央区 京橋2-2-1 京橋エドグラン3F サウス棟)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※無料です

〜各講座の講師の方々〜

(茨城でこんな方々に直接ご指導いただけるなて・・・)

講師:齋藤 潤一 (Junichi Saito)さん(NPO法人まちづくりGIFT 代表)
ガイド:高橋 慶彦 (Yoshihiko Takahashi)さん(NPO法人まちづくりGIFT )
講師:税所 篤快さん
(特例認定NPO法人 e-Education創業者)
講師:林 篤志さん(Next Commons Lab代表)
講師:指出 一正 (Kazumasa Sashide)さん(月刊ソトコト編集長)

ご都合があう方は、ぜひ会場でお会いできましたら嬉しいです。

詳細・お申し込みはイベントページへ

イベントページへ飛ぶ→こちら

 

おすすめ記事

1

地元に帰ってきて最初のビックイベントが終わりました。 こちらのコンペティションに参加して、優秀賞(次点)をいただくことができました。 ひとまず一つ駒をすすめることができましたが、 審査員に指摘していた ...

2

あそこは地獄だ。思い出したくもない。 扉が二枚重ねで、すべてに鍵がかかっていた。 悪いこともしていないのに、 なんで自分だけこんな刑務所のような場所にいるんだろう。   本を読んでいると、 ...

3

先日、スターバックスリザーブさんが開催されていたコーヒーセミナーに参加してきました。 そのセミナーの見所と、参加してみての感想をレポートしたいと思います。   「気になってはいたんだけど、い ...

4

先日、 日立市に帰ってきて初めてのコーヒー教室を開催しました。 「会社の看板」ではなく、「自分の看板」を使った初めての開催。   自分には無理だと考えていましたが、 ある考え方ができるように ...

5

野生(!?)のクジャクがいました 犬ではなく、ヤギが飼われてました 信号がありませんでした。 コンビニは、もちろんありませんでした。   ですが、 超個性的な方々にお会いすることできました。 ...

6

ふと、思い出したことがありました。   3年前の2014年。 まだ僕が大学4回生で、内定者時代だった時の話です。   当時、 僕は内定先の研修と課題で、京都と東京をいったりきたりし ...

-弟子入りでの気づき, 開業に向けて

Copyright© ノリ 開業日誌 , 2018 AllRights Reserved.