セミナーレポート 弟子入りでの気づき 開業に向けて

【2015年9月2日 方針が腑に落ちた日】#72

投稿日:

【2015年9月2日 方針が腑に落ちた日】

◆2月に入社し、焙煎まで担当できるようになった。どんどん新しいことを覚えていくことは楽しかった。

ただ、ずっと心を悩ませていたこと。

それは、会社(=社長)から、自分が何を求められているのかわからない。ということ。

Photo:Porsche GT3 3.8 - Club ASA - Circuit Pau-Arnos - Le 9 février 2014 - Honda Porsche Renault Secma Seat - Photo Picture Image By:SuperCar-RoadTrip.fr
Photo:Porsche GT3 3.8 - Club ASA - Circuit Pau-Arnos - Le 9 février 2014 - Honda Porsche Renault Secma Seat - Photo Picture Image By SuperCar-RoadTrip.fr

 

これまでの経験では、職場で、会社としての取り組みや、数値目標が決まっていて、そこに向かってやり切ることをしてきた。

会社から目標が振ってくるイメージ。求められていることが分かりやすかった。
そんな仕事の仕方が、当たり前だと無意識に思っていた。

◆でもここでは、何も決まってない。
何にコミットするのかを自分で考え、何をどうやるのか自分で決める。
どこに課題があって、どんな戦略で、どう勝つのかを全部考える。

しかも「こうやったらいい上手くいく」というノウハウも「これはやっちゃダメ」みたいな基準もほぼない。
わかんないけど、やるしかない。

理念や方針はあって明文化はしてあるけど、自分の中で社長が求める基準で、ちゃんと飲み込めてなかったんだと気づいた。

▼例えば、棚を掃除をしてほしいと言われたとする。

今までの職場やったら、ちゃんとやり方やルールがあって、使う道具がきまっていて、その通りにやっていく。
しかし、ここでは、全部自分で考える。

▼例えば、「なんか企画やってよ。」って言われる。

今までの職場やったら、上司から具体的な目的と目標を共有されて、それに向かってアイディアを出し、計画をたてていく。

しかし、ここでは、ただの思いつきの指示のように感じていた。
どこにむかって、どんな資源をつかっていいのかなどの具体的な指示はない。
やるかやらないかもその時の状況による。
会社の方針にそって、自分で目的や内容を考えていかなければならない。

▼例えば、交通費の精算

今までの職場やったら、フォーマットが決まってあって、書類を作って上司に金額を確かめてもらって、誤りがなければ支払われる。

ここでは、そんなの手間で、自分で管理する。

◆社会人2年目には、悪くいえば、放任過ぎるように思えるけど、裏をかえせば信頼されているということ。

自分で考えて、失敗したらそれでよくて。
ただ、自分でやっていっていいけど、報告はしっかりすること。

◆何か、ここで働いていたら、自然と独立できる力が身につくと考えてたかも?

○○さんは経営者であって、自分の専属メンターではない。
正味、自分を指導する時間なんてない。他の仕事がたまっているから。
自分でもっともっと貪欲に盗んでいかな。

なんだか、〇〇さんが望んでいることを完璧にやろうとしていけど
そんなことに合わせる必要はない

◆経験がないから貢献できることが少ないとかは、ただの言い訳で、自分の頭で考えればいいだけ。
今の自分にできることをやればいいだけ。
理想にむかって勉強していけばいいだけ。
自分は自分のビジョンにむかって、ここで学んでいけばいい。

◆褒められるために仕事をするわけやない
そもそも出世なんてないのだから
否定されることを恐れない

ただ、焦らず、優先順位をつけて順番に勉強し続ける
自分で自分でカリキュラムを明文化しないといけない
イメージでは伝わらない。

ほんまのベンチャーはこんな感じなのかな。

【やろうと決めたこと】

◆自分がどんな能力を身につけ、どんな経験をしていきたいのかを明文化し共有する

◆自分が良いと思って提案したことが否定されることを恐れない(それで分かることもあるというポジティブ発想)

◆報告はしっかりすること

◆社長に負けない分野をつくる 自分にしかできない仕事

かなりありがたい経験できてる。

中途で入ってきたかたや、ヘッドハンドされたかたに比べて、
自分は社会人2年目で、スキルも知識も経験も少ないから、貢献できる分野は圧倒的に少ない。
(弱きとかそんなレベルではなく客観的に)

だけど追いつく位で勉強し経験しまくればいいだけ。
そんな環境、自分の性格にむちゃくちゃあってるやん。

いままで以上に仕事一辺倒になりそうやけど、ワクワクしてるやん。

【編集後記】

今日は、社長の方針が、ようやくふに落ちた日でした。
半年かかりました。 笑

この気持ちは忘れたくなくて、思うままにつらつらと書いてしまいました。

アドセンス レグタングル大

お知らせ

お知らせ

 

イベントに登壇いたします

7月25日(水)は、

こちらのイベント「ローカルベンチャー会議@東京」のトークゲストとして登壇させていただきます。ありがとうございます!

9月から始まる講座のスタートアップイベントです。

もしもご興味ありましたら、東京であっぷあっぷしている姿を、冷やかしにきていただけたらすごく嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時 ■ 平成30年7月25日(水)
時間 ■ 20:00~21:30
会場 ■ SENQ京橋
( 東京都中央区 京橋2-2-1 京橋エドグラン3F サウス棟)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※無料です

〜各講座の講師の方々〜

(茨城でこんな方々に直接ご指導いただけるなて・・・)

講師:齋藤 潤一 (Junichi Saito)さん(NPO法人まちづくりGIFT 代表)
ガイド:高橋 慶彦 (Yoshihiko Takahashi)さん(NPO法人まちづくりGIFT )
講師:税所 篤快さん
(特例認定NPO法人 e-Education創業者)
講師:林 篤志さん(Next Commons Lab代表)
講師:指出 一正 (Kazumasa Sashide)さん(月刊ソトコト編集長)

ご都合があう方は、ぜひ会場でお会いできましたら嬉しいです。

詳細・お申し込みはイベントページへ

イベントページへ飛ぶ→こちら

 

おすすめ記事

1

地元に帰ってきて最初のビックイベントが終わりました。 こちらのコンペティションに参加して、優秀賞(次点)をいただくことができました。 ひとまず一つ駒をすすめることができましたが、 審査員に指摘していた ...

2

あそこは地獄だ。思い出したくもない。 扉が二枚重ねで、すべてに鍵がかかっていた。 悪いこともしていないのに、 なんで自分だけこんな刑務所のような場所にいるんだろう。   本を読んでいると、 ...

3

先日、スターバックスリザーブさんが開催されていたコーヒーセミナーに参加してきました。 そのセミナーの見所と、参加してみての感想をレポートしたいと思います。   「気になってはいたんだけど、い ...

4

先日、 日立市に帰ってきて初めてのコーヒー教室を開催しました。 「会社の看板」ではなく、「自分の看板」を使った初めての開催。   自分には無理だと考えていましたが、 ある考え方ができるように ...

5

野生(!?)のクジャクがいました 犬ではなく、ヤギが飼われてました 信号がありませんでした。 コンビニは、もちろんありませんでした。   ですが、 超個性的な方々にお会いすることできました。 ...

6

ふと、思い出したことがありました。   3年前の2014年。 まだ僕が大学4回生で、内定者時代だった時の話です。   当時、 僕は内定先の研修と課題で、京都と東京をいったりきたりし ...

-セミナーレポート, 弟子入りでの気づき, 開業に向けて

Copyright© ノリ 開業日誌 , 2018 AllRights Reserved.