コーヒー コーヒーの歴史など

サードウェーブコーヒー、7割以上がまったく知らない!? #81

投稿日:2015年9月19日 更新日:

皆さんこんばんは。 今日もコーヒーライフを楽しんだノリです。 :)

先日、Twitterのコーヒーニュースをみていると、こんな記事を見つけました。

『サードウェーブコーヒー、7割以上が「まったく知らない」』

もっと認知度はあると感覚的に思っていただけに、意外な結果に驚きました。

そこで、本日は自分の復習も兼ねて、
サードウェーブコーヒーカルチャー』についてまとめてみたいと思います。

サードウェーブ.007

 

1. 日本でのサードウェーブの認知度は3割!?

マーケティング・リサーチ会社は、サードウェーブコーヒーの認知度に関する調査を今年6月に行ったそうです。
(この調査は、一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に在住する20~59歳の男女を対象に実施されたもの)

◆詳細はこちら◆

結果、サードウェーブコーヒーの認知度はわずか27%にすぎなかったとのこと。

そして、サードウェーブコーヒーの認知率このような結果に。。

「知っている」&「聞いたことがある」:27.1%
「まったく知らない」:72.9%

利用意向では、
「ぜひとも利用してみたいが8.6%、「機会があれば利用してみたい」(39.9%)と、半数近くに利用意向が見られる。

最近TV番組で、コーヒーの特集が多く放映されていると聞いておりますが、(自分はTVがないので又聞きなのですが 笑)

こうした結果を踏まえると、メディアが煽っているにもかかわらず、
実際にはサードウェーブという言葉をしってはるかたは少ないねんなーという印象です。

2. 第1の波:ファーストウェーブ(19世紀後半〜1960年代)

Nescafé_wordmark.svg

◆コーヒーが大衆の食卓で楽しまれるようになったのは、ファーストウェーブの最大の功績といえるでしょう。

ファーストウェーブで普及した「レギュラーコーヒー」は、流通の革命と効率化によってもたされました。

◆例えば、
MJBの大きなコーヒー缶やネスレの瓶入りコーヒー、ネスカフェなどのコーヒーブランドが有名ですね。

3. 第2の波:セカンドウェーブ(1960年代〜2000年ごろ)

images

◆ファーストウェーブのコーヒーが流通の革命であるならば、
ローストとスタイルのブランドへ転換させたのが「セカンドウェーブ」。

◆スターバックスはこの波の中で、最も成功したブランドになり、
ロゴ付きの紙コップを片手に颯爽と歩くのがクールだというファッションアイコンが登場したのもこの時代の象徴です。

4. 第3の波:サードウェーブ(2000年以降)

023

◆ファーストとセカンドの波は、確かにコーヒーを日常のものとし、大量消費の市場をつくりました。

しかし一方で、生産地への配慮や価格、そして消費国における税務等の社会的責任といった問題が指摘されるようになりました。

こうした流れの中で、新しいビジネスとカルチャーがひとつになってデザインされたのがサードウェーブです。

▼少量流通も可能にするカップまでのトレーサビリティ

▼生産地との持続可能な関係づくり

▼味の価値観の流通

▼ローカルでの焙煎、

▼新しいロースターカフェの空間の提案といった、新しいスタイルが次々と確立されていきました。

そこでキーワードとなってくるのが、スペシャルティコーヒーという概念なのですが。。。

長くなりそうなので、今日はここまでにしておこうと思います。 笑

【今日のコーヒーメモ】

◆日本では、サードウェーブをまったく知らない人が約70%

 

◆ファストウェーブ(19世紀後半〜1960年代)
流通革命によってコーヒーは日常のものに

 

◆セカンドウェーブ(1960年代〜2000年ごろ)
コーヒーは、ローストとスタイルのブランドへ オフィス街でスターバックスのカップをもって颯爽と。。

 

◆サードウェーブ(2000年〜)
新しいビジネスとカルチャーがひとつになってデザインされた時代
ローカル
トレーサビリティ(誰がどこで生産しているのか)、
サステイナブル(農家と消費者の持続可能な関係)などがキーワードに

 

 

【編集後記】

今日は、久しぶりに祖父母へ手紙を送りました。 祖父母は、クリスマスやお正月、誕生日などにいつも手紙をくれ、いつも勇気づけられています。

また、先日

「お店から手書きの葉書が来たとき、嬉しくて、この気持ちを表すためにカボチャをもってきた!!」というお客さんもいらっしゃいました。

SNSや電話で伝えることがことたりてるこんな時代に、手書きの手紙はじーんと心に響くものがあるかもしれませんね。

本日も貴重な時間を使ってお読み頂きありがとうございます。

それでは、皆さん明日も素敵なコーヒーライフを♪  ノリ :p

アドセンス レグタングル大

お知らせ

お知らせ

 

イベントに登壇いたします

7月25日(水)は、

こちらのイベント「ローカルベンチャー会議@東京」のトークゲストとして登壇させていただきます。ありがとうございます!

9月から始まる講座のスタートアップイベントです。

もしもご興味ありましたら、東京であっぷあっぷしている姿を、冷やかしにきていただけたらすごく嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時 ■ 平成30年7月25日(水)
時間 ■ 20:00~21:30
会場 ■ SENQ京橋
( 東京都中央区 京橋2-2-1 京橋エドグラン3F サウス棟)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※無料です

〜各講座の講師の方々〜

(茨城でこんな方々に直接ご指導いただけるなて・・・)

講師:齋藤 潤一 (Junichi Saito)さん(NPO法人まちづくりGIFT 代表)
ガイド:高橋 慶彦 (Yoshihiko Takahashi)さん(NPO法人まちづくりGIFT )
講師:税所 篤快さん
(特例認定NPO法人 e-Education創業者)
講師:林 篤志さん(Next Commons Lab代表)
講師:指出 一正 (Kazumasa Sashide)さん(月刊ソトコト編集長)

ご都合があう方は、ぜひ会場でお会いできましたら嬉しいです。

詳細・お申し込みはイベントページへ

イベントページへ飛ぶ→こちら

 

おすすめ記事

1

地元に帰ってきて最初のビックイベントが終わりました。 こちらのコンペティションに参加して、優秀賞(次点)をいただくことができました。 ひとまず一つ駒をすすめることができましたが、 審査員に指摘していた ...

2

あそこは地獄だ。思い出したくもない。 扉が二枚重ねで、すべてに鍵がかかっていた。 悪いこともしていないのに、 なんで自分だけこんな刑務所のような場所にいるんだろう。   本を読んでいると、 ...

3

先日、スターバックスリザーブさんが開催されていたコーヒーセミナーに参加してきました。 そのセミナーの見所と、参加してみての感想をレポートしたいと思います。   「気になってはいたんだけど、い ...

4

先日、 日立市に帰ってきて初めてのコーヒー教室を開催しました。 「会社の看板」ではなく、「自分の看板」を使った初めての開催。   自分には無理だと考えていましたが、 ある考え方ができるように ...

5

野生(!?)のクジャクがいました 犬ではなく、ヤギが飼われてました 信号がありませんでした。 コンビニは、もちろんありませんでした。   ですが、 超個性的な方々にお会いすることできました。 ...

6

ふと、思い出したことがありました。   3年前の2014年。 まだ僕が大学4回生で、内定者時代だった時の話です。   当時、 僕は内定先の研修と課題で、京都と東京をいったりきたりし ...

-コーヒー, コーヒーの歴史など

Copyright© ノリ 開業日誌 , 2018 AllRights Reserved.