コーヒー コーヒー実験集

フラットビーン Flat bean(平豆)とピーベリー Peaberry(丸豆)#88

投稿日:

皆さん、こんばんは。今日もコーヒーライフを楽しんだノリです。 :p

先日お客さんに質問を頂いたことで、「そういえば曖昧だったな。。」という部分を発見しました。

それは、「コーヒーの品種」についてです。

本日は、自分の整理も兼ねて「コーヒーの品種」についてまとめてみたいと思います。

cherry3

1. コーヒーは、アカネ科コフィア属

◆アカネ科コフィア属の常緑樹である「コーヒーノキ」の果実、コーヒーチェリーに含まれる種子が、コーヒー豆と呼ばれています。

主に流通しているのは、アラビカ種、カネフォラ種(ロブスタ)

◆また、病虫害に強くするためにアラビカ種とカネフォラ種(ロブスタ)を交配するなどして、様々な改良種が誕生しております。

かんたんにまとめた図がこちら。

名称未設定.001

 

2.  コーヒーベルト

◆コーヒーは全世界の約60カ国で生産・輸出されています。

栽培には肥沃で、水はけがよく、有機物を多く含んだ火山岩質などの土壌と、年間を通じて平均した気温(20℃前後)が必要です。

また、降水量もコーヒー栽培には欠かせません。

年間1200~3000mm程度の降水量が望ましく、適度な日照と寒暖差も必要なんです。かなりデリケートな農産物ですね。 (ちなみに日本の年間降水量は1700mm)

このような条件に合う地域は、北回帰線と南回帰線の間に位置し、その地域は「コーヒーベルト」なんて呼ばれています。

ダウンロード

◆実は、日本でも沖縄と小笠原諸島でコーヒーが栽培されています。

しかし人件費がかなり高いため、50g千円というかなり高く、ほぼ流通していません。

ですが、最近沖縄のコーヒー生産組合がホームページをリニューアルし、国産コーヒーを沖縄からというミッションにむけてがんばっております。(ホームページはこちら

余談ですが、僕の大学の知り合いが、今年から小笠原のコーヒー農園で働くことになりました。離島生活は大変なことが多いと思いますが、がんばって欲しいと思います!

 

3. フラットビーン Flat bean(平豆)とピーベリー Peaberry(丸豆)

peaberry

最後に、フラットビーン Flat bean(平豆)とピーベリー Peaberry(丸豆)について。

◆通常、コーヒーチェリーの中には、コーヒー豆が向かい合って2つ入っており、向かい合っている面は平らになっています。 これをフラットビーン(平豆)といいます。(写真でいうと左側です。)

◆これに対して、枝の先端や木の上端に付いた実で、中身に豆が一個しかはいっていないものがあります。形が丸いことからピーベリー(丸豆)と言われます。 これは全体の10%程度しか採れず、希少性があります。

たまに〇〇ピーベリーなどという商品を見かけますので、みなさんもちょっと気をつけて見てみると楽しいかもしれません。

今度、フラットベリーとピーベリーの飲み比べをしたいなああ」と密かに企んでいます。

今日のコーヒーメモ

◆コーヒーは、アカネ科コフィア属の常緑樹である「コーヒーノキ」の果実、コーヒーチェリーに含まれる種子のこと。

◆全体総生産量の7割を占めるアラビカ種と3割のカネフォラ種(ロブスタ)。

◆コーヒー栽培にはいくつか条件があり、適した地域をコーヒーベルトと呼ぶ。

◆日本でも栽培されているが、ほとんど流通していない。

◆コーヒー豆には平べったい双子のフラットビーンと、一人っ子の丸い形をしたピーベリーがある。

【編集後記】

今日は、半年ぶりに店舗に修行をしにきている方とカラオケにいってきました。
元々音楽や歌うのが好きなので熱中し、気づいたら5時間も経っていました。
質素な生活をしていると、こういった非日常に触れた時のワクワク感が半端なく高いです。
またいきたいなー

今日も貴重な時間を使ってお読み頂きありがとうございました。

明日も素敵なコーヒーライフをお過ごしくださいませ♪ :p

アドセンス レグタングル大

お知らせ

お知らせ

 

イベントに登壇いたします

7月25日(水)は、

こちらのイベント「ローカルベンチャー会議@東京」のトークゲストとして登壇させていただきます。ありがとうございます!

9月から始まる講座のスタートアップイベントです。

もしもご興味ありましたら、東京であっぷあっぷしている姿を、冷やかしにきていただけたらすごく嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時 ■ 平成30年7月25日(水)
時間 ■ 20:00~21:30
会場 ■ SENQ京橋
( 東京都中央区 京橋2-2-1 京橋エドグラン3F サウス棟)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※無料です

〜各講座の講師の方々〜

(茨城でこんな方々に直接ご指導いただけるなて・・・)

講師:齋藤 潤一 (Junichi Saito)さん(NPO法人まちづくりGIFT 代表)
ガイド:高橋 慶彦 (Yoshihiko Takahashi)さん(NPO法人まちづくりGIFT )
講師:税所 篤快さん
(特例認定NPO法人 e-Education創業者)
講師:林 篤志さん(Next Commons Lab代表)
講師:指出 一正 (Kazumasa Sashide)さん(月刊ソトコト編集長)

ご都合があう方は、ぜひ会場でお会いできましたら嬉しいです。

詳細・お申し込みはイベントページへ

イベントページへ飛ぶ→こちら

 

おすすめ記事

1

地元に帰ってきて最初のビックイベントが終わりました。 こちらのコンペティションに参加して、優秀賞(次点)をいただくことができました。 ひとまず一つ駒をすすめることができましたが、 審査員に指摘していた ...

2

あそこは地獄だ。思い出したくもない。 扉が二枚重ねで、すべてに鍵がかかっていた。 悪いこともしていないのに、 なんで自分だけこんな刑務所のような場所にいるんだろう。   本を読んでいると、 ...

3

先日、スターバックスリザーブさんが開催されていたコーヒーセミナーに参加してきました。 そのセミナーの見所と、参加してみての感想をレポートしたいと思います。   「気になってはいたんだけど、い ...

4

先日、 日立市に帰ってきて初めてのコーヒー教室を開催しました。 「会社の看板」ではなく、「自分の看板」を使った初めての開催。   自分には無理だと考えていましたが、 ある考え方ができるように ...

5

野生(!?)のクジャクがいました 犬ではなく、ヤギが飼われてました 信号がありませんでした。 コンビニは、もちろんありませんでした。   ですが、 超個性的な方々にお会いすることできました。 ...

6

ふと、思い出したことがありました。   3年前の2014年。 まだ僕が大学4回生で、内定者時代だった時の話です。   当時、 僕は内定先の研修と課題で、京都と東京をいったりきたりし ...

-コーヒー, コーヒー実験集

Copyright© ノリ 開業日誌 , 2018 AllRights Reserved.