セミナーレポート 開業に向けて

【ベンチャー資金調達セミナーレポート】クラウドファインディング#128

投稿日:

皆さん、こんばんは。今日もコーヒーライフを楽しんだノリです。:p

今日は、こちらのセミナー&懇親会に参加してきました。

スクリーンショット 2015-12-10 18.10.30

第2部で、サイバーエージェント取締役の木内さんがクラウドファンディングについてセミナーをされたのですが。

そういえば、名前は知っていて、仕組みもある程度はわかるけど、

▼実際のとこどんなんや?

▼どんな仕組みなん?

▼成功事例の共通点て何何?

などなど、知らないことがありましたし、そもそもまだ認知度も高くないらしいです。

良い機会なので、自分のまとめも兼ねてシェアしたいと思います。

141022crowdfunding1-1-thumb-640x360-80637

1. そもそもクラウドファンディングって?

■「Crowd=群衆 Funding=資金調達」という言葉をかけあわせた造語で、プロジェクトを実行するために必要な資金を、インターネットwp通じて支援していただくことで、プリジェクトの実現までをサポートすることを言います。

2000年以降、海外、特にアメリカで始まり、日本では、2011年4月にリリースされた「READYFOR」が最初のクラウドファンディングサービスです。

■Massolution社の2015年CFレポートによると、2015年度、世界で約4兆円超の市場予測で、特にアジアでの伸びが著しいそうです。

国際関係学部での講義ではありませんが、ますます、インターネットを通じて世界がフラットになっていくんやなーと。

2. 3種類のサポート方法

①寄付型

寄付による資金集めで、途上国やNPO団体の活動資金等への寄付を集めるモデル。
基本的に提供者への見返りはなし。

②投資型

「融資」「匿名組合出資」「株式」等、金銭的なリターンを伴う金融商品として投融資するモデル。

③購入型

プロジェクト単位で資金を集め、購入者から前払いで集めた代金の対価として製品などの金銭以外の見返りを提供するモデル。先行予約販売。
これは、日本で最も採用されているタイプで、Campfireや、READYFORなどもこのタイプです。

3. なぜこんなに盛りあがっているのか? 〜活用メリット〜

①大規模に応援者を募ることができる

■一番のメリットは、実績も知名度もないけど、チャレンジしたい人が、クラウドファンディングサービスをはじめとしたプラットフォームを利用することで、資金を集めることができるということです。

銀行からの融資や借り入れは多くの人にとってかなりハードルの高いことです。

■ですが、クラウドファンディングによってチャレンジするハードルがかなり低くなりました。

■また、掲載無料(審査はもちろんあるが)、成功報酬がたなので、チャレンジ事態にお金はかかりません。
手数料も20パーセントなので、思っていた以上に安価です。
(ほぼほぼどのサイトでもこのパーセントでした。)

②大規模なテストマーケティング

■木内さんはソニーさんのQrio Smart Lockを例に挙げて説明させていました。
ダウンロード

商品の詳細は割愛しますが、SNSとの相性もよく、開発段階から支援者との交流も行えるので、細かなニーズや要望をキャッチして、リアルタイムで商品改善をしていけたそう。

■既存の商品開発では、商品開発して大量生産、売れれば万歳、売れなければ大量在庫を抱えるというのが基本的な流れなので、ハイリスクハイリターンです。 もちろんプロトタイプを作って市場の反応は分析すると思いますが。

■一方、クラウドファンディング使った場合、プロトタイプ(試作品)だけ作って(大規模に!)ユーザーの反応を見たり、分析することができるので、作ったけど売れなかったていうリスクを回避することができるとおっしゃっておりました。

③自分至上過去最高のいいねを獲得! 〜話題にするプロモーション〜

images (1)

■こちらは、「今日の服に今日の時計」というコンセプトの着せ替え時計。

創業3か月で挑戦し、目標金額の500パーセントもの金額が集まった商品。
その甲斐あって、実店舗、海外販売、など一気に加速されたとの事。

■サイバーエージェントさんに関していえば、約4000万人の会員を持つアメーバによる拡散。多くのメディアとの強烈なパートナシップなどもあり、成功すれば、一気に認知度が高まります。

成功する4つのポイントもお話しされていましたが、ちょっと長くなりそうなので、次回まとめてシェアします。

■ちなみに、地域とか、アニメとかに特化したクラウドファンディングもあるみたいです。

国内のまとめられていましたが、ざっと数えただけで、15個以上のプラットフォームサイトがありました。

世界のクラウドファンディングまとめ

また、良くいただく質問は、「審査条件はどんな感じなのか」というもの。

■与信ももちろんありますが、財務状況や実績よりも、圧倒的に人格や思いの強さを大事にするということらしいです。

何か面白いアイディアがあるのに、チャレンジできてない人のためには、とても良い仕組みだと思います。

僕もちょっと本格的に考えてみたいと思います。

【編集後記】

12月は、帰省に向けて高速バス市場が盛り上がる時期ですが、ものすごい面白いキャンペーンを見つけました。

スクリーンショット 2015-12-10 17.52.25

SNSでの拡散数が目標値を超えると、スペシャルプライスで高速バスが予約できるというもの。その価格なんと300円。。

えぐいっすね。 まあ、見つけた時には万事休す。 満席でした。

よく高速バスは使うのですが、その中でもwillerさんはオススメです。

http://campaign.willer.co.jp/300man-nin/300.php?mid=657&=20151210

本日も貴重な時間を使って、お読みいただきありがとうございました。
明日も素敵なコーヒーライフをお楽しみください。 :p

アドセンス レグタングル大

お知らせ

お知らせ

 

イベントに登壇いたします

7月25日(水)は、

こちらのイベント「ローカルベンチャー会議@東京」のトークゲストとして登壇させていただきます。ありがとうございます!

9月から始まる講座のスタートアップイベントです。

もしもご興味ありましたら、東京であっぷあっぷしている姿を、冷やかしにきていただけたらすごく嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時 ■ 平成30年7月25日(水)
時間 ■ 20:00~21:30
会場 ■ SENQ京橋
( 東京都中央区 京橋2-2-1 京橋エドグラン3F サウス棟)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※無料です

〜各講座の講師の方々〜

(茨城でこんな方々に直接ご指導いただけるなて・・・)

講師:齋藤 潤一 (Junichi Saito)さん(NPO法人まちづくりGIFT 代表)
ガイド:高橋 慶彦 (Yoshihiko Takahashi)さん(NPO法人まちづくりGIFT )
講師:税所 篤快さん
(特例認定NPO法人 e-Education創業者)
講師:林 篤志さん(Next Commons Lab代表)
講師:指出 一正 (Kazumasa Sashide)さん(月刊ソトコト編集長)

ご都合があう方は、ぜひ会場でお会いできましたら嬉しいです。

詳細・お申し込みはイベントページへ

イベントページへ飛ぶ→こちら

 

おすすめ記事

1

地元に帰ってきて最初のビックイベントが終わりました。 こちらのコンペティションに参加して、優秀賞(次点)をいただくことができました。 ひとまず一つ駒をすすめることができましたが、 審査員に指摘していた ...

2

あそこは地獄だ。思い出したくもない。 扉が二枚重ねで、すべてに鍵がかかっていた。 悪いこともしていないのに、 なんで自分だけこんな刑務所のような場所にいるんだろう。   本を読んでいると、 ...

3

先日、スターバックスリザーブさんが開催されていたコーヒーセミナーに参加してきました。 そのセミナーの見所と、参加してみての感想をレポートしたいと思います。   「気になってはいたんだけど、い ...

4

先日、 日立市に帰ってきて初めてのコーヒー教室を開催しました。 「会社の看板」ではなく、「自分の看板」を使った初めての開催。   自分には無理だと考えていましたが、 ある考え方ができるように ...

5

野生(!?)のクジャクがいました 犬ではなく、ヤギが飼われてました 信号がありませんでした。 コンビニは、もちろんありませんでした。   ですが、 超個性的な方々にお会いすることできました。 ...

6

ふと、思い出したことがありました。   3年前の2014年。 まだ僕が大学4回生で、内定者時代だった時の話です。   当時、 僕は内定先の研修と課題で、京都と東京をいったりきたりし ...

-セミナーレポート, 開業に向けて

Copyright© ノリ 開業日誌 , 2018 AllRights Reserved.