開業に向けて

【離島が想像以上に凄かった】職業観をぶっこわしてくれた沖縄の愉快な仲間たち

投稿日:2017年1月3日 更新日:

野生(!?)のクジャクがいました

犬ではなく、ヤギが飼われてました

信号がありませんでした。

コンビニは、もちろんありませんでした。

 

ですが、

超個性的な方々にお会いすることできました。

 

沖縄の小浜島(離島)に半年間いたのですが、

仕事で悩んだ僕の職業観をぶっこわしてくれた、沖縄の愉快な仲間たちをご紹介します。

 

小浜島て、どこ?

「小浜島」

聞いたことありますか?

あまり馴染みがないですよね。

 

実は、

朝の連続ドラマ小説「ちゅらさん」の舞台になったことで有名です。

http://cgi2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010478_00000

沖縄の離島の中で有名な石垣島から、フェリーで約30分のところにあります。

 

⬇︎こんな所です⬇︎

 

「これ、本当に日本の領土なの!?」

てツッコミをいれたくなるくらい、本州から離れています。

台湾の方が近いですし、海岸に中国語で書かれたペットボトルが漂流してました(笑

 

小浜島の星野リゾートで働いていました

小浜島にはリゾートホテルが多く、

僕がいるころは、

「はいむるぶし」

http://www.haimurubushi.co.jp/

「星野リゾート」がありました。

http://risonare-kohamajima.com/

 

仕事内容は、簡単に言えば旅行代理店のような仕事です。

離島では、ホテルを拠点に、

シュノーケリングやダイビング、離島めぐりにこられるお客さんがたくさんいまして、

お客さんの要望に合わせて、ツアーを組んだり日程をアレンジしていました。

 

また、

・リゾートの内にあるプールのおにいさん

・朝の6:00くらいから海岸で始めるヨガのお兄さん

そんな仕事もやってました。

 

比較的情報がオープンな組織だったので、

リゾートの仕組みや人事制度を勉強することができたのも良い思い出です。

 

もちろん仕事で学ぶこともあったのですが、

それ以上に、

離島で知り合った超個性的な方々の生き方から学ぶことが多くありました

 

たくさんご紹介したい人がいるのですが、特に衝撃を受けた3人をご紹介します。

 

※島にいる間、写真をあまり撮っていなかったのですが、公開できる範囲でお見せします。

小浜島の写真集(後日公開)

 

借金から逃げてきた元事業家

 

小浜島行きのフェリーで乗り合わせたことがきっかけで友達になったKさん。

おそらく45歳くらいかな。

風貌は、見るからにチンピラっぽくて、

職場にも胸元あけて金のネックレスとかじゃかじゃかつけていく感じの方。(笑)

 

 

ですが、

とても優しく、情にあつくて。

島の中で、Kさんと一番お酒をのみ、語りあかしました。

 

聞けば、親がかなりの大金持ちで、Kさん会社を立ち上げ社長をしていたとのこと。

一時は、オーストラリアのゴールドコーストに別荘があったほど。

ただ、

事業に失敗して、借金つくって離婚し、いまはのんびり沖縄で働いているとのこと

ジェットコースター人生を歩まれてきただけあって、

なんとも肝が座っているかたでした。

職を変えながら世界を飛び回る青年

 

この方は、同じ職場で知り合いました。

ザ・旅人!

という青年です。

 

僕と同じ年なので、職歴はまだ浅いのですが、

聞けば、

・ピースボートにのって世界中をまわり、

・北海道で働き、

・沖縄で働き、

次はオーストラリアで働きたいとかそんなことを言っていました。

 

当時の僕は、

一つの組織で、ある程度キャリアを積み上げて、

次にステップアップしていったほうが自分のためになると思っていましたが、

彼は真逆。(に見えました)

 

(心配になるほど)短期間でパンパン働く場所、職種を変えていて。

 

わけを聞くと

今やりたいことしか、やりたくない!!

といっていました。

 

確かに素晴らしいことだし、みんなが思っていることだけど、

実際にここまで体現している人に出会ったことがなく、

働き方って、本当に自分次第なんだなー

と思いました。

夏は旅人。冬はみかん屋。

最後は、

夏は旅人。冬はみかん屋のSさんです。

 

この方も、

Kさんと同じく、島にいくフェリーで乗り合わせた人で、とても優しいおにいさんです。
(年はたぶん35歳くらいかな。)

 

おもしろいライフスタイルをされている方で、

 

夏は世界中を旅してまわり、

冬になると旅の資金を稼ぐためにみかん農園に戻り、みかんを売る。

旅の資金ができたら、また夏の時間を使って旅にでる。

 

そんなライフスタイルを送っておられました。

 

安定的にお金を稼ぐ場所を確保し、

残りの時間は、大好きな旅をすることに集中していました。

 

ちなみに、2016年の冬はタイにいたみたいです。

なんとも自由な生き方をされています。

職業観をぶっ壊していただいた。

 

・小指のない人

・人魚(!?)になるためにダイビングにはまっている人

・実家でいろいろあって、逃げてきた人

・大阪出身で島の大工で働いている人

個性的な背景をお持ちの方が、まだまだたくさんいましたが、

特に印象に残っているのが紹介した3人。

 

この3人の働き方を間近でみて、

 

あ〜、自分て、なんて働き方を狭く考えていたんだろうと・・・

 

比較的周りの知り合いは、

大手企業、官僚などの俗にエリートキャリアといわれるところに進む人が多く

自分も無意識に同じようなキャリアばっかりを考えていました。

(だからこそ、最初の仕事を辞めたとき、なんか恥ずかしくて友達に言えなかったのですが・・・)

 

働き方って、ほんと多種多様で、

・別に社長になってもいいし

・大企業にいってもいい

・フリーランスになってもいい

・田舎に戻ったっていい

・海外にいったていい

・転職をしまくってていい

・お金がなくてもいい

自分があたりまえだと思っていたことは、全然あたりまえではありませんでした。

 

3人とを見て

「自由って素晴らしいな!!」

 

と思う一方、

Kさんに言われたことが、いまでもすごく教訓となっています。

 

選べる自由があるけど、

だれかのせいにはできないし、全部自分の責任だけどね。

 

沖縄にいたとき、

自分はどうして生きたいのか

と内省を迫られていた時期でしたので、余計にKさんの言葉が心に響き、

自分の職業感がバリン!!と壊われる、とても良い出会いとなりました。

 

もし仕事で悩み、

「旅行でもいいから離島でも行こうかな〜」

って思っている方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、離島の飲み屋にいって、たくさんの人と話してみることをおすすめします。

 

思ってもみなかった考えをもつ人と話すと、

自分の価値観に気づかされる場面が多いと感じています。

(なんか偉そうに聞こえますね。すいません。)

 

 

編集後記

今日は、去年開業された知り合いのお店にいってきました。

コンテナを使っためずらしいお店なのですが、初期投資を抑えられるので密かに業界で噂になっています。

入ってみると、予想以上に広くとても勉強になりました。

(大きな声ではいえないですが)、

営業許可をだす保健所ってグレーゾーンが多いですね 笑

本日も貴重な時間を使ってお読みいただきありがとうございました。

明日も素敵なコーヒーライフを楽しみください。

ノリ :p

アドセンス レグタングル大

お知らせ

お知らせ

 

イベントに登壇いたします

7月25日(水)は、

こちらのイベント「ローカルベンチャー会議@東京」のトークゲストとして登壇させていただきます。ありがとうございます!

9月から始まる講座のスタートアップイベントです。

もしもご興味ありましたら、東京であっぷあっぷしている姿を、冷やかしにきていただけたらすごく嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時 ■ 平成30年7月25日(水)
時間 ■ 20:00~21:30
会場 ■ SENQ京橋
( 東京都中央区 京橋2-2-1 京橋エドグラン3F サウス棟)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※無料です

〜各講座の講師の方々〜

(茨城でこんな方々に直接ご指導いただけるなて・・・)

講師:齋藤 潤一 (Junichi Saito)さん(NPO法人まちづくりGIFT 代表)
ガイド:高橋 慶彦 (Yoshihiko Takahashi)さん(NPO法人まちづくりGIFT )
講師:税所 篤快さん
(特例認定NPO法人 e-Education創業者)
講師:林 篤志さん(Next Commons Lab代表)
講師:指出 一正 (Kazumasa Sashide)さん(月刊ソトコト編集長)

ご都合があう方は、ぜひ会場でお会いできましたら嬉しいです。

詳細・お申し込みはイベントページへ

イベントページへ飛ぶ→こちら

 

おすすめ記事

1

地元に帰ってきて最初のビックイベントが終わりました。 こちらのコンペティションに参加して、優秀賞(次点)をいただくことができました。 ひとまず一つ駒をすすめることができましたが、 審査員に指摘していた ...

2

あそこは地獄だ。思い出したくもない。 扉が二枚重ねで、すべてに鍵がかかっていた。 悪いこともしていないのに、 なんで自分だけこんな刑務所のような場所にいるんだろう。   本を読んでいると、 ...

3

先日、スターバックスリザーブさんが開催されていたコーヒーセミナーに参加してきました。 そのセミナーの見所と、参加してみての感想をレポートしたいと思います。   「気になってはいたんだけど、い ...

4

先日、 日立市に帰ってきて初めてのコーヒー教室を開催しました。 「会社の看板」ではなく、「自分の看板」を使った初めての開催。   自分には無理だと考えていましたが、 ある考え方ができるように ...

5

野生(!?)のクジャクがいました 犬ではなく、ヤギが飼われてました 信号がありませんでした。 コンビニは、もちろんありませんでした。   ですが、 超個性的な方々にお会いすることできました。 ...

6

ふと、思い出したことがありました。   3年前の2014年。 まだ僕が大学4回生で、内定者時代だった時の話です。   当時、 僕は内定先の研修と課題で、京都と東京をいったりきたりし ...

-開業に向けて

Copyright© ノリ 開業日誌 , 2018 AllRights Reserved.