20代の男が読んでいる本 一流に学ぶ

【モテる女性に共通していることは?】35歳からの「オトナ美人」の極意 #28

投稿日:

皆さん、こんにちは。絶賛読書週間中のノリです:)

割と年上の女性と一緒に仕事をする機会が多いんですが、ちょっといつもと志向をを変えて選んで見た本。
女性向けの本は初めてですけど、良く読むビジネス本に比べ、
読者に寄り添った文章表現(クッション言葉等)が多くとても柔らかい文章の印象を受けました。
こんな柔らかい文章をかけるようになりたいですね。

・ハタチの頃より、きっと自分を好きになる!! と思っている女性
・女性へのアドバイスの仕方をなんとなくとらえたい男性 にはおすすめかもしれません

【概要】

8000人の美人を育てたモデル養成学校の校長兼現役モデルが明かす女磨きの本。
自分のペースで理想像に近づいていくすべを、考え方、ファッション、恋愛、美容、そして人生軸から具体的に示してくれる

【ポイント】

1. 30歳からの考え方の変化

◆モデルという仕事をしてきたこともあって、昔は「ストイック」という言葉が好きでした。
「つらくてもつらくても歯を食いしばって地道に続けていくことが成功に繋がっていく」
と考えてました。
本当はもっと楽しくがんばれるのに、わざわざ自分で好んでつらい状況をつくりだし
「がんばっている」という錯覚を起こして満足していたのだと。

◆もちろんがんばらずにサボりなさいということではありません。
ただ、がんばるベクトルを変えて
「いかに楽しく結果を出すか」を追求していけば、自然と力が抜けて、気持ちよく成果がだせるようになる。

2. 年齢の枠にとらわれない(p.25~)

◆年齢の枠にとらわれない為には、いったいどうしたらよいのでしょうか。
その答えはとても簡単
それは「例外」をたくさん見つけること

◆周りを見てください。30代、40代、50代になっても魅力的に輝いている女性はいませんか
年齢なんか気にせず、自分らしく生きている人はいませんか。

3. オトナ美人への三つのステップ(p.33~)

ステップ1:心を整えて、空きスペースをつくる(見えるスペースと見えないスペースを整理整頓)

ステップ2:思い込みをはずして、新しい考え方を取り入れる

ステップ3:自分の持っているのもと、理想像のバランスを取る

4. 一番「いいもの」を使うべきなのは、目元、口元  それと手の甲!?

◆ほうれい線や肌のたるみなどは、年齢が顕著に現れる部分らしいです。

◆また、意外とみなさん見落としがちなのが「手の甲」。
紫外線で手の甲にシミが多いと、一気に老けてみられてしまうんだと。

ちょっと厳しい世界ですね。

豊川さん、良い本をありがとうございました。

─────────────────────────────

【共感したところ】

【結婚生活をハッピーに続ける方法】

◆結婚前にいろいろな条件で相手を選んでも、どうなるかわからない。
最低限必要なことは、「ここだけは譲れない」と思える生き方の軸になる部分です。

◆いやはや24歳の若造にはとても勉強になります。
ちなみに、著者は「自由」と「対話がしっかりできる人」だそうです。

◆ほんまに、よい夫婦て相互依存状態っていうか、お互いに自立しているけど、
どこか深い所で繋がっている雰囲気がありますよね。
そんなパートナーを見つけたいものです。

【スキンケアよりあなたをきれいに見せるもの(p.146)】

私は、オトナの女性に必要なのは、細さではなく、

「適度な体のメリハリ」と「幸福感」だと気づいたんです。

◆確かに、若い女性は細さで競っている気がするけど、
男は、女性の体のメリハリに「お!」て感じる気がします。

◆そして、忘れてはいけないのは「幸福感」、ですよね。
その女性が醸し出す笑顔や雰囲気に幸せオーラがでていたら、なんだか魅力的に映ってしまうもんですよね。
「幸福感」に関しては、男女とわずですよね。


【読者からの質問に対する、素敵解答】

外見、体力、未来の可能性など、20代の女の子と自分を比べて焦ることが多くなりました。どうしたら、今、この年齢の自分に自信が持てますか?        (36歳看護師より著者への質問)

◆人はどうしても「自分がもっていないもの」に目をむけてしまいがち。
でも、ちょっと視点をかえてみると、今の自分が持っていて、
20代の頃に持っていなかったものがたくさんあることに気がつくはず。

◆例えば、
「言葉遣いが悪かった」「世間を知らなかった」
「親に心配ばかりかけていた」「化粧が苦手だった」「誰かに感謝することが苦手だった」

◆自信というのは、何か行動を起こさない限り出てこないもの。
どうしたら自信が持てるかの回答は「とにかく動いてみて!」ということ。
そしたら周りからほめられたり、自分はこれだけ行動していると徐々に自信が生まれてくるそうです。
何も行動しなければ、いつまでたっても自信はないまま。
なにかこれをやれば自信がつくという便利な答えは残念ながらありません。

【目次】
プロローグ:誰もがオトナ美人になれる
チャプター1:オトナ美人は、自分を知っている。
チャプター2:オトナ美人は、自分に似合うものを知っている。
チャプター3:オトナ美人は、キレイになれる恋愛を知っている。
チャプター4:オトナ美人は、賢く美を手に入れる方法を知っている。
チャプター5:オトナ美人は、自分らしい生き方を知っている。
Q&A
おわりに

アドセンス レグタングル大

お知らせ

お知らせ

 

イベントに登壇いたします

7月25日(水)は、

こちらのイベント「ローカルベンチャー会議@東京」のトークゲストとして登壇させていただきます。ありがとうございます!

9月から始まる講座のスタートアップイベントです。

もしもご興味ありましたら、東京であっぷあっぷしている姿を、冷やかしにきていただけたらすごく嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時 ■ 平成30年7月25日(水)
時間 ■ 20:00~21:30
会場 ■ SENQ京橋
( 東京都中央区 京橋2-2-1 京橋エドグラン3F サウス棟)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※無料です

〜各講座の講師の方々〜

(茨城でこんな方々に直接ご指導いただけるなて・・・)

講師:齋藤 潤一 (Junichi Saito)さん(NPO法人まちづくりGIFT 代表)
ガイド:高橋 慶彦 (Yoshihiko Takahashi)さん(NPO法人まちづくりGIFT )
講師:税所 篤快さん
(特例認定NPO法人 e-Education創業者)
講師:林 篤志さん(Next Commons Lab代表)
講師:指出 一正 (Kazumasa Sashide)さん(月刊ソトコト編集長)

ご都合があう方は、ぜひ会場でお会いできましたら嬉しいです。

詳細・お申し込みはイベントページへ

イベントページへ飛ぶ→こちら

 

おすすめ記事

1

地元に帰ってきて最初のビックイベントが終わりました。 こちらのコンペティションに参加して、優秀賞(次点)をいただくことができました。 ひとまず一つ駒をすすめることができましたが、 審査員に指摘していた ...

2

あそこは地獄だ。思い出したくもない。 扉が二枚重ねで、すべてに鍵がかかっていた。 悪いこともしていないのに、 なんで自分だけこんな刑務所のような場所にいるんだろう。   本を読んでいると、 ...

3

先日、スターバックスリザーブさんが開催されていたコーヒーセミナーに参加してきました。 そのセミナーの見所と、参加してみての感想をレポートしたいと思います。   「気になってはいたんだけど、い ...

4

先日、 日立市に帰ってきて初めてのコーヒー教室を開催しました。 「会社の看板」ではなく、「自分の看板」を使った初めての開催。   自分には無理だと考えていましたが、 ある考え方ができるように ...

5

野生(!?)のクジャクがいました 犬ではなく、ヤギが飼われてました 信号がありませんでした。 コンビニは、もちろんありませんでした。   ですが、 超個性的な方々にお会いすることできました。 ...

6

ふと、思い出したことがありました。   3年前の2014年。 まだ僕が大学4回生で、内定者時代だった時の話です。   当時、 僕は内定先の研修と課題で、京都と東京をいったりきたりし ...

-20代の男が読んでいる本, 一流に学ぶ

Copyright© ノリ 開業日誌 , 2018 AllRights Reserved.