20代Uターン起業のリアル 週次レビュー

整理整頓(2018年7月15日)

投稿日:2018年7月15日 更新日:

 

今週はセミナー、イベント、ミャンマーなど、用事が詰まっていた一週間でした。

▲シュエダゴン・パゴダ


▲世界遺産に認定されない理由は、このライトにあると思う

 

火曜日の夜は、日立市の先輩経営者の勉強会に参加させていただき、

水曜日は、お客様のホテルでイベントを開催。

木曜日は金曜日は、土曜日からのミャンマーの準備。

英語の名刺を作ったり、
シムカードのことを調べたりと細かな調整をしていました。

14日からミャンマーへ。
ご縁で、ミャンマーのコーヒー農園の紹介をいただきました。

アメリカには輸出しているそうですが、日本にはまだとの事。

時期てきに収穫、精製は見れないので、そのほかの打ち合わせをしてきます

2種類、サンプル生豆を焙煎、ちゃんとした資格保有者にカップしていただき
評価は80点くらいと86点くらいとの事でした。

今回はさらに上のグレードをいただけるとのことで、どんなカップなのか楽しみです

日本国内の評価を得るため

少しですが、サンプルを持って帰って来る予定。

今日は、その農園の方々とヤンゴンで打ち合わせ。

英語と現地語の通訳を交えての打ち合わせ。
そういえば、海外で日本語以外で打ち合わせをしたことは初めてでした。
やっぱり自分の英語力の低下を実感。
時間の使い方を変えて、英語を強化していかないといけないかもしれません。
考えものですね・・・

話の中で、
あつくるしい部分を質問してみました。

例えば、

なぜコーヒー栽培をしているのか。
なぜ今回のお取引に挑戦しようと思ったのか

なぜなら、いくらビジネスになりそうだからといって、そこに誰かのためになりたいという思いがなければ持続可能でないと考えるからです。

こちらの予想を上回る情熱と、ストーリーに、がぜんやる気がでてきました。

明日は最終日なので、悔いのない滞在にしていきます。

編集後記

明日も午前中から打ち合わせ。
ミャンマー茶でシャアNo1の会社らしいです。
とても大きな企業と、僕みたいな小さな事業者が打ち合わせをできる。
例えるならば、サントリーと町工場が打ち合わせをするイメージでしょうか。
海外とのビジネスは、こういうスケールの大きい話が魅力かもしれませんね。

本日も読んでいただきありがとうございます。

アドセンス レグタングル大

お知らせ

お知らせ

 

イベントに登壇いたします

7月25日(水)は、

こちらのイベント「ローカルベンチャー会議@東京」のトークゲストとして登壇させていただきます。ありがとうございます!

9月から始まる講座のスタートアップイベントです。

もしもご興味ありましたら、東京であっぷあっぷしている姿を、冷やかしにきていただけたらすごく嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時 ■ 平成30年7月25日(水)
時間 ■ 20:00~21:30
会場 ■ SENQ京橋
( 東京都中央区 京橋2-2-1 京橋エドグラン3F サウス棟)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※無料です

〜各講座の講師の方々〜

(茨城でこんな方々に直接ご指導いただけるなて・・・)

講師:齋藤 潤一 (Junichi Saito)さん(NPO法人まちづくりGIFT 代表)
ガイド:高橋 慶彦 (Yoshihiko Takahashi)さん(NPO法人まちづくりGIFT )
講師:税所 篤快さん
(特例認定NPO法人 e-Education創業者)
講師:林 篤志さん(Next Commons Lab代表)
講師:指出 一正 (Kazumasa Sashide)さん(月刊ソトコト編集長)

ご都合があう方は、ぜひ会場でお会いできましたら嬉しいです。

詳細・お申し込みはイベントページへ

イベントページへ飛ぶ→こちら

 

おすすめ記事

1

地元に帰ってきて最初のビックイベントが終わりました。 こちらのコンペティションに参加して、優秀賞(次点)をいただくことができました。 ひとまず一つ駒をすすめることができましたが、 審査員に指摘していた ...

2

あそこは地獄だ。思い出したくもない。 扉が二枚重ねで、すべてに鍵がかかっていた。 悪いこともしていないのに、 なんで自分だけこんな刑務所のような場所にいるんだろう。   本を読んでいると、 ...

3

先日、スターバックスリザーブさんが開催されていたコーヒーセミナーに参加してきました。 そのセミナーの見所と、参加してみての感想をレポートしたいと思います。   「気になってはいたんだけど、い ...

4

先日、 日立市に帰ってきて初めてのコーヒー教室を開催しました。 「会社の看板」ではなく、「自分の看板」を使った初めての開催。   自分には無理だと考えていましたが、 ある考え方ができるように ...

5

野生(!?)のクジャクがいました 犬ではなく、ヤギが飼われてました 信号がありませんでした。 コンビニは、もちろんありませんでした。   ですが、 超個性的な方々にお会いすることできました。 ...

6

ふと、思い出したことがありました。   3年前の2014年。 まだ僕が大学4回生で、内定者時代だった時の話です。   当時、 僕は内定先の研修と課題で、京都と東京をいったりきたりし ...

-20代Uターン起業のリアル, 週次レビュー
-,

Copyright© ノリ 開業日誌 , 2018 AllRights Reserved.