コーヒー コーヒーのイベントなど

40時間でコーヒーマイスターに合格する5つのコツ

投稿日:2016年3月7日 更新日:

いきなりですが、ちょっと自慢させてください。

大学受験の時、

センター試験の英語、満点とれちゃったんです。

(なんやお前、嫌味なやつやな! って感じですよね。すいません・・)

でも、

試験日や期限が決まっている勉強は、

僭越ながら、比較的得意な方やと思ってます。

本日は、

大学受験時代に身につけた、能率よく勉強するコツをまとめてみたいと思います。

947051 / Pixabay

作業は徹底して省くこと

■僕は、

勉強は「考え方の訓練と暗記」だと考えています。

仮に3時間勉強したからといって、

覚えていなかったら、その価値はゼロです。

 

■例えば、

英字新聞の切り抜きをきれいに貼り、知らない単語の意味を調べて書き写したノートを見せて、

「昨日は5時間も勉強したよ」 という人がいます。

そんなことをしなくても、書店に行けば、和訳や単語リスト月の英文雑誌を買うことができます。

 

■このマイスターの試験でも同じことが言えます。

試験会場で、テキストの各単元を一つ一つノートに書きうつしている方を拝見しました。

僕は、本当にそこまでやる必要があるのか疑問です。

仮に、5時間勉強したと言っても、

▼ノートにまとめていたとか

▼単語帳を作っていたとか

本当に頭に知識を入れている勉強時間は少なく、作業時間を勉強時間と勘違いしていると思います。

 

■受験者の8割くらいの方が、

試験勉強をして、テストに合格することがゴールですよね。

時間を使って勉強しても、覚えていなければ意味がありません。

 

■繰り返しますが、

勉強は、基本的に「訓練と暗記」です。

勉強と作業は違います。

今、自分がやっていることは、勉強なのか、それとも作業なのか

能率よく勉強していく際には、この視点はとても大切やと思うんです。

 

7割の基礎問題にパワーを注入する

■入学試験、資格試験問わず、

試験問題というものは、だいたい7割の「基礎」と3割の「難問」で構成されています。

そして、多くの試験は6〜7割とれれば合格できます。

コーヒーマイスターの3級も7割が合格点です。(2015年時点)

 

■ということは、

ほとんどの試験が、基礎事項をきちんと押さえておけば通るということです。

基礎というのは、要するに頻出問題です。

この試験で言えば、テキストの巻末である約200問の問題です。

一方、難問とは、

毎回コロコロ変わるので、ここがでそうとヤマをかけたところでなかなか当たりません。

この試験で言えば、テキストの巻末には載っていないテキストの内容です。

 

■合格するためには、まず巻末の問題集を完璧にすること

余裕があり、満点を目指すのであれば、

巻末には載っていないテキストの内容を覚えれば点数は上がります。

 

 

まずは、求められていることを知る

■マイスターのような勉強に期限がある場合、

出る順に短期間で効率良くよく覚えることが必須です。

勉強し始めると、

最初から教科書の細かいところまで覚えないと問題を解けないとおっしゃる方がいます。

なんとか最後までたどり着いたとしても、半分くらい忘れてしまっていて

「あれだけ時間をかけたのに、なんだったんだ・・」ということになりかねません。

 

■そこでオススメなのが、

問題を先に解いてみる方法です。

まずは、テキストの内容を広く浅くさら〜と読んでみる

ここでは、

「あーこれからこんな勉強をしていくんだな」 ということがわかる程度で十分です。

 

■次に、

単元ごとに勉強していくんですが、最初に問題を解いてみることをオススメします。

なぜなら、問われている部分がわかれば、覚えるべき箇所がわかるからです。

割り算が出題されるよ! て聞いて、かけ算の勉強をする人はいないですよね。

そして、間違えた箇所を重点的に覚えていけばいいだけです。

 

■あとは、同じことの繰り返しです。

すべての単元が終わった頃には、

求められている巻末の問題が、8割がた完成している状態になっているはずです。

 

■このように、

一回を深く長くするよりも、

一回を短くして、方法を変えて何回もやった方が、

記憶に定着するスピードは格段に速くなります。

 

覚えたことのメンテナンスを忘れない

■勉強において、メンテナンスはとても大切です。

なぜなら、学習したことはどんどん忘れていくからです。

エビングハウスの忘却曲線て聞いたことがあるでしょうか?
詳細は、過去記事に譲りますが、

暗記ってどうやるんやっけ②

ざっくり言うと、人間が覚えたことを忘れるスピードと割合を曲線で表したものです。

 

■覚えたら覚えっぱなしにしていると、どんどん忘却の彼方になることは確実。

だからこそ。メンテナンスが大事なのです。

 

■具体的に言えば、復習です。 勉強の基本中の基本ですよね。

一つの単元の問題を完璧にしたからといっても、それはその瞬間だけの話。

記憶はどんどん忘れさられていきます。

次の単元に進む時には、(めんどくさがらず)

必ず前回の単元の問題を解いてあげるようにしてください。

 

■暗記は、とにかく反復と繰り返し。

「らくらく覚えられる魔法の暗記術」を探すよりも、

毎日少しずつ新しいことを覚えつつ、メンテナンスを忘れないことが何よりも重要です。

 

勉強がめんどくさい時の処方箋

■新しい勉強を始めると、

あー疲れたし、今日はいいかー

てめんどくさくなってしまうことが多くあります。

勉強そのものへのやる気はあるものの、

具体的に何をしたいのか、どうなりたいのか、

明確な目標がない人は、勉強を始めても、結局どれも長続きしない状況になりがちです。

■そんな時は、「妄想」の出番です。 笑

真面目な話、

しんどい時こそ、

「これを乗り越えたら、こんな未来が待ってるで!てイメージすること」は、

やる気を保つために大切なことです。

 

■僕も浪人時代、

なんのために勉強しているのかわからなくなった時や

勉強サボって、サッカーやゲームをしたくなった時、

よく進研ゼミさんから頂くキラキラのキャンパスライフ特集

大学のホームページなどを見て、

キラキラのキャンパスライフを謳歌して、「飲み会でウェーって言ってる」自分を妄想してました。(笑)

 

■でも、これって、他の勉強でも使えます。

本業の仕事が忙しいと、なかなか勉強することはしんどいと思うことがありますよね

そういう時こそ、

▼マイスターのバッチをつけて、ドヤ顔でお客さんにコーヒーの説明をする自分を妄想してみたり

▼マイスターに合格して、次のアドバンスの実技試験を受けている自分を妄想したり

あとはお任せしますが、(笑)

しんどい時こそ、なんのために勉強しているんやっけって立ち返ってみてください。

グッドラックです!!

 

アドセンス レグタングル大

お知らせ

お知らせ

 

イベントに登壇いたします

7月25日(水)は、

こちらのイベント「ローカルベンチャー会議@東京」のトークゲストとして登壇させていただきます。ありがとうございます!

9月から始まる講座のスタートアップイベントです。

もしもご興味ありましたら、東京であっぷあっぷしている姿を、冷やかしにきていただけたらすごく嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時 ■ 平成30年7月25日(水)
時間 ■ 20:00~21:30
会場 ■ SENQ京橋
( 東京都中央区 京橋2-2-1 京橋エドグラン3F サウス棟)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※無料です

〜各講座の講師の方々〜

(茨城でこんな方々に直接ご指導いただけるなて・・・)

講師:齋藤 潤一 (Junichi Saito)さん(NPO法人まちづくりGIFT 代表)
ガイド:高橋 慶彦 (Yoshihiko Takahashi)さん(NPO法人まちづくりGIFT )
講師:税所 篤快さん
(特例認定NPO法人 e-Education創業者)
講師:林 篤志さん(Next Commons Lab代表)
講師:指出 一正 (Kazumasa Sashide)さん(月刊ソトコト編集長)

ご都合があう方は、ぜひ会場でお会いできましたら嬉しいです。

詳細・お申し込みはイベントページへ

イベントページへ飛ぶ→こちら

 

おすすめ記事

1

地元に帰ってきて最初のビックイベントが終わりました。 こちらのコンペティションに参加して、優秀賞(次点)をいただくことができました。 ひとまず一つ駒をすすめることができましたが、 審査員に指摘していた ...

2

あそこは地獄だ。思い出したくもない。 扉が二枚重ねで、すべてに鍵がかかっていた。 悪いこともしていないのに、 なんで自分だけこんな刑務所のような場所にいるんだろう。   本を読んでいると、 ...

3

先日、スターバックスリザーブさんが開催されていたコーヒーセミナーに参加してきました。 そのセミナーの見所と、参加してみての感想をレポートしたいと思います。   「気になってはいたんだけど、い ...

4

先日、 日立市に帰ってきて初めてのコーヒー教室を開催しました。 「会社の看板」ではなく、「自分の看板」を使った初めての開催。   自分には無理だと考えていましたが、 ある考え方ができるように ...

5

野生(!?)のクジャクがいました 犬ではなく、ヤギが飼われてました 信号がありませんでした。 コンビニは、もちろんありませんでした。   ですが、 超個性的な方々にお会いすることできました。 ...

6

ふと、思い出したことがありました。   3年前の2014年。 まだ僕が大学4回生で、内定者時代だった時の話です。   当時、 僕は内定先の研修と課題で、京都と東京をいったりきたりし ...

-コーヒー, コーヒーのイベントなど
-,

Copyright© ノリ 開業日誌 , 2018 AllRights Reserved.